ICO(Initial Coin Offering)について

 仮想通貨を新規に発行してさまざまな企業がインターネット上で一般の投資家から仮想通貨で資金調達を行う仕組みのことを言います。
 企業は、仮想通貨を発行し一般の方に購入頂けるようにしインターネット上であればだれでも購入できるようにします。そうして世界中から資金を集めることができます。仮想通貨は、政府などの機関より制約を受けることがありませんので、短期間で膨大な資金調達をすることも可能です。

ICOによる資金調達方法

未上場の企業が資金調達を行うには、ベンチャーキャピタルからの出資もしくは、IPO(新規株式公開)を行います。
事業への期待、安定性をベンチャーキャピタリストに認められなければ資金調達はできず、創業期から設立数年は資金調達を行うのが難しいのが現状です。IPOを行って初めて、一般投資家から出資を受けられるのが既存の資金調達の仕組みです。
一方で、ICO(新規仮想通貨公開)は、インターネット上で「仮想通貨の発行(トークンの発行)」を行うことで*未上場企業であっても一般の投資家から資金調達が行えます。
*すべての未上場企業がICOできるわけではなく、ICOのプラットホーム(取引所)が定めた一定の基準に達していることが条件となります。とはいえ、株式発行による資金調達にくらべて容易に出資を募ることができます。
投資家は、まだ予測の出来ない企業に対しての投資を行うことになるため、株取引よりもさらにハイリスクな投資という認識を持つ必要があります。