ペイビットの由来

  • HOME »
  • ペイビットの由来

 ペイビット株式会社の社名の由来を代表取締役の枝根英治が説明します。

 採算がとれることをPAY(ペイ)する。と言いますが、旨味のあるとか、実入りがいいとか、得する、儲かるなどの意味でも使います。
 ビット (BIT) は、ほとんどのデジタルコンピュータが扱うデータの最小単位です。デジタル社会の中で、物事の元になる小さいこと(ビット)も大切にしながら、旨味のあるビジネス(PAY)を展開することで社会に貢献したい。という意味を込めてます。小さく産んで(BIT)、採算に乗せて(PAY)、大きく育てることを目指しています。
 あのAppleのりんごの齧られた跡が、「a bite(齧り跡)」と「a byte(単位のバイト)」をかけているように、不完全でありながら完全を目指し、不完全であることを認める勇気を持つことを志向します。

 ロゴが顔の形になっているのは、 社会も会社も人を基本に構成されていることの想いと、人を大切にしたいという考えから顔の形になってます。 ロゴの色は、信号で進めの青、大好きなサッカーの日本代表のジャパンブルーをリスペクトして、会社も人もいつまでも若々しく青年のように、青を基調にしています。


ペイビット株式会社 代表取締役 枝根英治

お気軽にお問い合わせください TEL 03-6860-8355 受付時間 10:00 - 17:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © ペイビット株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.